SEKIGAHARA|Antolini その価値


個性が強く、一枚ごとの表情が豊かなアートストーンたち。

ギャラリーに入り大きな板材と対峙した時、あなたはきっとクリエイティビティを刺激され、インスピレーションを得ることでしょう。


もちろんデザインの中で石を使いたい!という部分に最適な石を探すことで達成できることもあります。どちらかといえばこれまで石材というマテリアルはこのような発想で素材として選定されていましたし、現状もこのような形で素材選定していただくことが多いものです。


私たちの目指すところは、「素材として石をチョイスし、その中でイメージにあう材料をさがす」のではなく、「SEKIGAHARA|Antoliniというアートストーンを基幹としてデザインをつくっていく」という状態です。

もちろん、これがどれほど難しいことであるかはしっかりと認識したうえで、それでも挑戦すること、それを実現するためにしっかりとバリエーションを揃え、素材の魅力やストーリーをお伝えし、加工や施工への専門家としてのサポートをおこなっていきます。


コロナ禍を起点としたリラックスできる空間の重要性、インテリアにおける素材の価値、サスティナブルな価値観への転換と取り巻く環境要因がスピーディーに、複雑に変化する中で、何万年、何億年という歳月を経て生成されギャラリーに集まってきた天然の大理石や御影石の数々はある種普遍的な価値を持ち、壮大なスケールをもつ素材としての魅力を空間にとどめます。


壁や床、テーブルや什器まで、あなたのデザインでSEKIGAHARA|Antoliniのアートストーンは新しい命を吹き込まれます。


素敵な石との出会いがありますように。


A301 パタゴニア 中村住宅開発株式会社 http://nakaju.com/


#デザイン #アートストーン

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示